最愛の息子の明日のために・・・

world26

あなた(もしくは奥様)のお腹のなかに待望の赤ちゃんが宿ったとき、
自分が悪性のガンに侵されていることを知ったら、どうしますか?

今回はそんな悲しみの状況にある家族のエピソードをご紹介します。

2010年にイタリア人のキアラ・コルベッラさんが3人目の子どもとなるフランシスコくんを妊娠しました。

それまで彼女と夫のエンリコさんは、デビッドとマリアというふたりの子宝に恵まれたものの、そのふたりとも先天性の病気によって亡くしてしまいました。

そしてやっと授かった待望の第三子フランシスコくん。
「順調に成長しています」と医師からも告げられ、キアラさんとエンリコさんは喜びの絶頂にいました。

ところが、喜こびも束の間でした。
なんとキアラさんが悪性のガンに侵されている事実が判明。
「ガンの治療を行えば、お腹のなかの赤ちゃんの生命が危険にさらされてしまいます。」無残にも医者にこう告げられたのです。
「この子が生まれてくるまで、ガン治療は受けない」とキアラさんは固く決意しました。

ガンがもたらす壮絶な痛みにも耐え、フランシスコくんは2011年5月30日、
無事にこの世に生を享けました。夫婦にとって最高の喜びの瞬間でした。

ところが一転、フランシスコくんが生まれるとすぐにキアラさんの容体が悪化、片目の視力を失いながらも懸命に病と戦い続けました。
しかし、わずか1年後の2012年6月13日に、28歳という若さでキアラさんは亡くなりました。
彼女は亡くなる1週間前に、
「親愛なるフランシスコへ。お母さんはデビッドとマリアの面倒を見るため天国に行ってきます。あなたはお父さんとここにいて。お母さんは、あなたの幸せを祈っています」
という手紙をフランシスコくんに遺しました。

フランシスコくんが成人した時、夫のエンリコさんは、キアラさんがフランシスコくんに何をしてくれたかを話すつもりとのことです。

また、「今でも彼女が“生きている” ような気がしています。多くの困難にぶつかればぶつかるほど大きくなる、この “愛”をみつけられた事は本当に幸せなことです」
とも語りました。

「無償の愛は存在するか?」という質問はいつの時代でもくり返されています。
そんなとき多くの人が「無償の愛とは、母の愛だ」と答えます。
自分の命を惜しげもなく捧げて、我が子をこの世に誕生させた彼女の“愛”こそが、無償の愛なのではないでしょうか。
そしてまたこの“愛”は彼女だけが特別持ちあわせていたのではなく、子どもを持つほとんどすべてのお母さんが持っているのではないかと思います。

▼ローマで行われた彼女の告別ミサの様子。
たくさんの花にかこまれ、楽器演奏と人々の歌が絶えることなく続いた彼女の告別ミサは決して湿っぽい雰囲気はなく、生前の彼女の人柄をうかがい知れるものでした

キアラ・コルベッラさんがその命を燃やし尽くして見せてくれた「無償の愛」。これを読んであなたの心には、どんなものが宿りましたか?

Aboutmusashi

コメントを残す